MIGの窓

マスコミや会報などに取り上げられた情報、や 会の近況や会員の想いなどをお伝えします。

ブログ一覧

設立記念コンサート&交流会を開催しました。

NPO設立を記念するとともに、会の活動理解と会員相互の交流を目的に、コンサート及び交流会を開催しましたのでご報告いたします。

    日  時  2017年10月15日(日)14:00~18:00

    会  場    前橋市中央公民館

1.コンサート  参加者 77名  (会員28名、家族・友人等23名、その他26名)

   第1部  ウクライナ民謡ほか            バンドゥーラと歌 カテリーナ

   第2部   インドネシアの踊りと演奏    横笛 國崎理嘉   舞踊 フェニー  

        日本の歌合唱           ピアノ  朝倉恵   フルート 朝倉力

                            チェロ  原優香    笛   國崎理嘉 

2.交 流 会   参加者 約40名

 

あいにくの雨にもかかわらず、当日券を求めるなど予想を上回る方々に参加いただきました。

 

1.コンサート

第1部は、東京で活躍しているウクライナ出身のカテリーナさんをお招きして、ウクライナの哀調のある民族楽器バンドゥーラの音色と心に響く歌声に酔いしれました。

ウクライナの民族楽器バンドゥーラを演奏するカテリーナさん

 

引き続き第2部は、当会会員の國崎さんらのインドネシアのゆったりとした音楽と踊り、そして会場の皆様との日本の唱歌の合唱など、素晴らしい演奏会になりました。

國崎理嘉さんによる笛の演奏

フェニーさんによるインドネシア舞踊

日本の歌を全員で合唱

 

2.交 流 会

場所を移した交流会にも多数の皆様に出席いただき、にぎやかに過ごすことができました。  

     感謝、感謝!!

 

                 

 

 

 

 

 

 

   

  

2017年11月5日

上毛新聞「視点オピニオン21」第7回

上毛新聞掲載 2017.9.26上毛新聞「視点オピニオン21」第7回

医療通訳の道へ 壁のない社会目指して

                  群馬の医療と言語・文化を考える会副代表 原美雪

 医療通訳普及の活動を始めて6年近い時間が流れました。この世界に足を踏み入れた大きなきっかけがあります。それは6年前の東日本大震災です。

地震発生後まもなく東京外国語大学多言語・多文化教育研究センターから一斉に卒業生の語学ボランティアのリンクに翻訳ボランティアを求める声掛けが行われました。被災地の国際交流協会が外国人居住者に震災情報を提供するためでした。

大学卒業後さび付いていた頭と、しまい込んでいた辞書を引っ張り出し、次から次に送られてくる震災情報、水道・ガス・電気、交通機関、避難所、医療機関、罹災(りさい)証明など必要とされるさまざまな翻訳と格闘しました。メール上でつながった国内外の卒業生や留学生がおのおの連絡を取り合いながら、計画停電や仕事の合間を縫って翻訳作業に取り組みました。

原子力発電所情報の翻訳や入国管理局からの依頼も入りました。事務局の皆さんのご苦労は大変なものであったはずです。多言語のボランティアがメール上でやりとりをする様子を見ながら、皆さんの力といざというときに結束できる強さに感動しました。

地域で日本語を母語としない方が言葉で困っている現状は災害時に一度に表面化します。その対応の可否は、平時の体制整備と日頃からの連携づくりなしにはあり得ません。外国人対応を特定の機関だけに任せる組織の縦割りのままでは機能しません。全ての機関、担当課が常に外国人対応をも心がけ、できることは何かを考える余裕が必要です。組織から個人、個人から組織という柔軟な双方向のやりとりが普段からできていることが大切でしょう。

私たちの会が医療通訳普及・通訳者派遣団体として多くの関係者と現在活動ができるのは、まさしく組織を超えた意識でつながってくださった皆さまのおかげでした。何の形もない活動の当初より支援をくださったD自動車ディーラー前社長の山崎様はじめ皆さま、前橋市市民活動支援センターや群馬県共同募金会、前橋市文化国際課など群馬県内で相談にのってくださった皆さま、全国で医療通訳普及をリードし、わずかの交通費で講習会やシンポジウムに駆けつけてくださった皆さまのお力なしには、到底ここまで来ることはできませんでした。心からのお礼を申し上げます。

皆さまからいただいたご厚意を大切に「言葉や文化の壁のない世界」を目指し、一人一人が元気に互いの力を発揮しあえることから生まれる大きな力を信じてこれからも活動を続けます。紆余(うよ)曲折の中で支えて下さった皆さんとの出会いが私にはかけがえのない宝です。活動の中で皆さんが幸せを感じていただけるよう、その活動から幸せになれる方が一人でも増えるようにと願っています。

2017年10月12日

上毛新聞「視点オピニオン21」第6回

2017.8.6上毛新聞「視点オピニオン21」第6回

医療通訳制度の課題 費用負担支え合いを

群馬の医療と言語・文化を考える会副代表 原美雪

 普段、外国の方と接点のない皆さまには医療通訳の世界は遠いものかもしれません。「もし私が外国でけがをして病院に担ぎ込まれたら…」。そう考えることですべての方が当事者になることができます。会が目指すのは医療通訳制度の普及にありますが、その先に見えるものは「困った時にはお互いさま」と言える、支え合える社会の実現です。

群馬県では、医療通訳ボランティア制度は10年を超える実績があり、100人以上の通訳者が登録されています。また地域の中で、個人的に医療通訳者として活動している方も多くいると聞いています。しかし、日本語を母語としない方々にとっては、まだまだ気軽に通訳を利用できる環境にはありません。「お互いさま」と言える社会にするためにはどういう通訳制度が必要なのでしょうか。

私たちが通訳制度の運営で直面している問題の一つは通訳費用です。現在、会が派遣している1回の通訳費用は3000円です。そのうち1000円は会が助成金などを活用して負担し、残りの2000円はほとんど患者さん負担です。ボランティアといっても、医療通訳者は命に直結した仕事であり、相当の語学力に加え医学知識も習得していなければなりません。しかし、どんなに経験を積み、勉強をしている通訳者でも、1回3000円の通訳収入では生活していけません。生活のため他の仕事につかざるを得ず、そうなると平日依頼のある医療通訳の活動は不可能です。こうした理由で医療通訳の世界から離れていってしまいます。

医療通訳はボランティアではいけない、しかし、交通費程度しか支払えない現実にいつも思い悩んでいます。

一方、経済的な理由で通訳をつけられない患者さんもいます。慢性疾患や難病など継続して診療を受ける方、妊婦健診、乳幼児健診、講習会参加など、1回2000円の負担が重荷になります。

通訳がいなければ、診療の内容を理解できません。それは、医療の倫理、患者の権利を日本語を理解しない人に保障しないことになると言っても過言ではありません。通訳費用を患者だけが負担するには無理があります。ぜひとも、社会による救済措置を検討してほしいと思います。

医療機関にもお願いしたいことがあります。①積極的に医療通訳を使っていただく②通訳者への的確な評価や研修を通して通訳者を育てていただく③資金面でも協力していただく―これらのことをぜひとも検討していただき、制度の円滑かつ継続的な運営に力を貸していただきたいと思います。そして、医療機関など直接の関係者だけでなく、「支え合う社会」のためにはいろいろな方々の力が結集されてはじめて、理想とする環境が整うのだと思います。


群馬の医療と言語・文化を考える会副代表 原美雪 前橋市三俣町

【略歴】東京都出身。東京外語大卒。外務省で在インドネシア大使館などに勤務。2013年に群馬の医療と言語・文化を考える会を立ち上げ、医療通訳の普及に尽力。

2017/08/06掲載

2017年8月11日